この活動に賛同する
inochi

一般社団法人inochi未来プロジェクトとは

「みんなでinochiの大切さと未来について考え、行動するプロジェクト」。
医療者・企業・行政そして市民と患者も。
関西・日本が、みんなでささえあいながら、
健康で長生きできる街・国になることをめざします。

2014年6月にinochi未来プロジェクト実行委員会を立ち上げ、
今後、関西発の健康・医療イノベーションを加速させるべく
2015年11月に一般社団法人inochi未来プロジェクトへと発展いたしました。

めざすべきゴールと活動内容

1

関西を、医療の国際拠点に。

  • 関西の医療・健康産業の発展に寄与する活動
  • 関西の次世代人材の育成に寄与する活動
  • 関西の産学官民の垣根を超えた、オープンな議論の場の提供
1

関西を、健康長寿のまちに。

  • 市民の健康に対する意識を高め、自発的な生活習慣の改善を促す啓発活動
  • 市民の救命や応急手当に対する知識を深めるための啓発活動
  • みんながお互いを支えあうことの大切さを理解するための公益的活動
1

202X年、
inochiの万博を、関西で。

  • 未来医療健康都市・関西の国際的なブランド化に寄与する活動
  • 未来医療健康都市・関西に対する企業や市民の機運を高める活動
  • 医療・健康をテーマにした、国際的な博覧会やフォーラムに関する構想の立案

inochi未来プロジェクト理事メンバー

  • 澤 芳樹(理事長)

    大阪大学大学院
    医学系研究科長・医学部長
    メッセージはこちら»

  • 上本 伸二

    京都大学
    肝胆膵・移植外科 教授

  • 高橋 政代

    理化学研究所網膜再生医療研究開発プロジェクト
    プロジェクトリーダー

  • 鈴木 寛

    大阪大学大学院
    医学系研究科招聘教授

  • 原 丈人

    内閣府本府参与
    アライアンス・フォーラム財団代表理事

  • 村上 雅義

    先端医療振興財団
    専務理事

賛同パートナー募集

inochi未来プロジェクトの
活動に賛同していただける方を募集しております。

今後、関西発の健康・医療イノベーションを加速させるためには、
産学官民の垣根を越えて、論点を明確にし、よりオープンかつフラットな議論を継続的に行い、
関西の取組みを国内外に幅広く発信する必要があるという考えに至り、
この度、inochi未来プロジェクトは一般社団法人として活動する運びとなりました。

皆様のご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

活動報告

inochi未来プロジェクトでは、発足以来
「みんなでinochiの未来について考え、行動するプロジェクト」として
医療従事者から市民まで広くご参加いただける、フォーラムや市民参加型イベントを開催してきました。